Home » 英語を神戸で身に付けるために

英語を神戸で身に付けるために

神戸市は兵庫県に存在する都市であり、瀬戸内海に面しており、六甲山を背にして、自然環境も豊かながら、経済的にも発展しており、日本有数の大都市として知られています。

平安時代には平家の本拠地として日本の首都となったこともあり、また、日宋貿易や日明貿易等により海外からの物資や人の交流も盛んに行われてきました。

このように古代から貿易港として、また、日本文化の重要な都市として繁栄してきたために、伝統的に外国人の居住者や留学生が多く、現在においても、北野の異人館と呼ばれる建物は全国的に知られる名所となっており、街中でもネイティブがその国の言葉で会話を交わしている等、世界的な国際都市として知られています。

現在も外国人は居住者や留学生として、西洋および東洋から様々な人種が集まっていますが、それらの子弟は外国人専用の学校に通っている場合もありますが、日本人と一緒の学校に通っている場合も多くあります。

外国人居住者同士の共通語はやはり英語であり、ハーバーランドや六甲アイランドと呼ばれる海に面した地域には、特に外国人居住者が多いために、その区間の電車の中でも英語で話す場面が多く見られます。

そのために、この地にて英語を身に付けるためには、実際に街や学校にいるネイティブと話すことが一番望ましいと考えられます。

また、実際にネイティブと会話しなくても、電車の中でのネィティブ同士の生の会話を聞くことも勉強になります。

そのために、神戸市に居住を考えている場合には、
このようなネイティブが多い地域に住むことも戦略として考えられます。

神戸市にはこのような事情を反映して、語学スクールも大規模なものから小規模なものまで多く、
留学やビジネスを目指した本格的なものから、外国人の友人を作るための日常的なものや、
また、会話よりも、文献や英字新聞を読むために特化したものなど、自分の目的に応じて
幅広く選択することができます。

市立の外国語専門大学もあり、これは名門であるために難易度も高いですが、
学園都市という交通の便に優れ、学問をするに最適な文教地区に存在します。

図書館には学習に有益な書籍が数多く揃えられており、
登録することで一般市民も利用することができるほか、一般市民向けの講座も低価格で行われています。

外国人居住者や留学生が多い事情もあり、国際都市であり、海外ビジネスに関わる人も多いために、
授業レベルも極めて高いものが行われており、スクールに通うことで語学力の向上を図ることができます。





  Copyright ©2009 神戸の英語教室 徹底解説, All rights reserved.| Powered byWordPress| Simple Indy theme by India Fascinates